オナ禁コメンテーター〜悪魔の代弁者〜

オナ禁についてコメントをつけていきます。オナ禁批評家

ポルノ禁0日目

f:id:MrOne:20190419194139p:plain





治験が終わり解放DAY

意図的にリセット。体感的に30日超えてから劇的に変化は起きないとわかっているので特に罪悪感などは無い。

オナ禁も大事だがエネルギーの向上のために併用して行うといいメソッドを開発して何が自分に合う方法か知っているため、次に繋げていく意識が強い。

治験中はそのメソッドを(サプリや食事は持ち込めないし、運動してはいけないため)10日ほど断じていたが。それで体が戻ったってのも意図的にリセットした理由の一つでもある。

 

今回グラフでオナ禁(ポルノ禁)の日数と人生に対する満足度をグラフにしてみた。

このブログで記録してた10段階のスコアである。

実はこのグラフを見ずに体感覚的に30日超えてから変わらない(過去最長は200日まで)と書いていたのだが、自分でグラフに落とし込んでみて驚いた。

本当に満足度レベルでは30日あたりから日数が増えてもずっと変わらずに満足度が7〜9と人生に対して前向きに捉えられている。(最後あたりは治験でずっとベッドの上だったので評価は低いが)

 

これは何を表しているのか。

それは「なんとなく悪い日だった」から「なんとなくいい日だった」と自己認識が変わっているということだ。

人生は30000日の地球への招待旅行だというが、その旅行が理由はともあれ、調子が良くてなんとなくいい日になるのだからオナ禁はありがたい。

 

7、8年オナ禁してて無意識にバイアスをかけて記録していたかもしれないことを差し引いても、自分にとってオナ禁の理論を確立するのにいい結果が取れたと思う。

もちろん25歳という年齢から、30日から一定の満足度、ということは考えられるが今の自分のオナ禁理論にはこうやって視覚化して客観的に捉えられるデータは自信になる。

 

そして日を追うごとに3週間まで上り調子なのも視覚化できてよかった。

面白いのが3週間超えたあたりで一度落ち込むところだ。バイオリズムもあるが、飛躍の前に一度落ち込むということはなんとなく感覚的にしっくりくる。

 

情報の書き出し、まとめ。なんでもやっていることを記録にとる、スコア化するというのはどんなことに対して行っても何かしらヒントを得れる行為だ。引き続きやっていく。

 

 

そして、ポルノと射精をセットで体に与えた後、過剰なドーパミンとそれを抑制するプロラクチンによる眠気によって、ここ70日間感じたことのない立ちくらみを引き起こした。

ホルモンによって人間は行動も感情も支配されるが、プロラクチンの発生は思ったよりきつい。