オナ禁コメンテーター〜悪魔の代弁者〜

オナ禁についてコメントをつけていきます。オナ禁批評家

日本唯一のオナ禁塾!!

f:id:MrOne:20190126124701p:plain

 

オナ禁と出会って8年がたった。

思い返せばオナ禁と出会ってもう8年が経ちます。

当時、高校2年性だった僕は正直、オナニーが生きがいだったようなもんです。

5歳の時に絶頂の感覚に気づき、なぜか幼児期の頃はそれなりに周りのガキンチョ女子にもてていたのですが、思春期になるにつれて本格的にオナニーを極めだしてからは暗い青春に突入してきます。

 

 

 

1日3回はしこれてた絶倫中学生

当時のことをあまり思い出したくはありませんが、1日3回はしこっていたんじゃないでしょうか?まじでオナニーをしまくれる時期というか精子が睾丸でバンバン作られるんで無尽蔵でしたね。まあ無尽蔵というものは人体にはないんですが、当時の感覚としてはそんな感じでした。

 

 

オナ禁に出会う変態高校生

当時勉強そっちのけで、成功哲学自己啓発本を読み漁っていた僕に一つの新しい概念がもたらされました。

それは房中術です。

江戸時代には貝原益軒性が「接して漏らさず」と言ったようにセックスしても射精はするな!と広めたものでありますが、当時、女性経験のない僕はエロ動画を見てオナニーをわざとして、汁遊びして我慢するを間違ったオナ禁と思わず試してました。

 

 

結果は言わずもがなですね。笑

貝原さんの名誉のために言いますが実際にSEXして射精しないのはアリです。実感としてもSEXして射精しないと翌日はパワーが溢れます。

マウスの実験ではSEXをすることは脳の神経を発達させると結果が出てますし、ストレスホルモンのコルチゾール値を下げます。

 

 

ただ風俗でのSEXは推奨しません。不思議な話ですが、風俗嬢などの女性と触れると運気が悪くなります。(翌日におっさんにワザとぶつかられる等)

不思議な話なんですけど、これはまじです。僕も風俗に行ってましたが、色々通っている友人も同じ実感があったようです。

 

大学に入ってフィーバー!

2012年当時、大学に入学した頃はオナ禁なんてアンダーグラウンドで、今ではユーチューバーがオナ禁◯日目!とか、高須クリニック院長がオナ禁について述べてたりするほどメジャーになってきましたが、当時はまじで誰も知らなかったんで一人でコソコソやってました。

 

 

そしてプラシーボもあったんですかね。大学でめちゃモテました。普通に可愛いこも1回あっただけでデートの約束したり、家でご飯作ってもらったり、今まであった中で一番イケメン!とか言われたりしてました。

「うるせー!自慢はいいんだよ!」「Mr.Oneの妄想癖が!白昼夢でも見てんじゃねーの!」とかあると思いますが、実際にモテてたんですよね。

 

 

正直あの時代にオナ禁してるやつはいなかったので一人勝ちみたいな状況にもなりました。(オナ禁によってメンタルがバカ強くなっていたので数を打ちまくっていた分もちろん玉砕もありましたが。)

 

11onakin.hatenablog.com

 

 

11onakin.hatenablog.com

 

 

 

しかし、社会人になってオナ禁ができなくなった。。。

なぜか。意志の力が弱くなったからか?

 

 

いや、正確には身の回りの環境が激変してストレスまみれになったからだ。食べるものや、環境が自分の意思や行動決定力をどんどん弱めていった。

ブラック企業に勤めたことで確実に、日が経つごとに僕の周りの環境は体と精神を蝕んでいったのだ。

 

 

血迷って日本で唯一のオナ禁塾の門戸を叩く

オナ禁によって得られるパワーは尋常じゃない。そのことは経験から学んでいる。しかしこのストレスまみれの状態では驚くほど意志力が弱まる。ストレスからジャンクフードを食べ、それがまた意志の力を弱めていく。

当時の僕は負のスパイラルから抜け出せなくなっていた。

 

 

しかし、持ち前の知識欲は失っていなかった。

オナ禁に関する研究は自分一人でも続けていた。

その中で1冊の本に出会う。

 

 

 

11onakin.hatenablog.com

 

 

すごい知識の質だ。なぜこの人はこんなことを知っているのだろう。

そして何より考えていることが日本の常識を超えている。

なにやらこのLowsowという人物はオナ禁塾を開校しているらしい。

 

 

www.infotop.jp

 

ん?このサイト見たことあるな。以前は怪し過ぎて「誰がこんなのにお金払うんだよ笑」って無視していたが、この無料の本を見て少し興味を持った。

何よりオナ禁の仲間が欲しかった。自分一人での意志力では続けられないし、オナ禁の研究に限界を感じていたからだ。

 

 

最初6万円は正直高いと思った。でも半年間毎週情報が送られてくるんだから、月々1万円で1日に換算すれば300円か。コーヒーを飲むのを会社のお客さん用のサーバーで(隠れて)飲めばふところに痛くない数字だ。

 

 

気づけば購入のボタンを押していた。これが僕の、自分の中で正しいオナ禁理論を組み立てる初めの一歩だった。正直あの日の僕を僕は褒めてあげたい。

(だってあのくそ怪しいサイトから購入するなんて普通信じられないから)

 

 

このオナ禁塾に入校して正直大成功だった。

今までネットの海をさまよって有象無象のオナ禁の情報をエルしかなかったのが、毎週自身のエネルギーを高める方法を教えてくれる音声で届くのだ。

聞いた瞬間に思った。これはメモをした方が良いと。

f:id:MrOne:20190123185157p:plain

自分で書いた表紙

f:id:MrOne:20190123185258p:plain

第1話。これから膨大な自身のエネルギー値を高めるテクニックが送られてくる。

 

僕は24話全てを紙に書き出して覚えた。1回目は軽く移動中に、2回目はしっかりと集中して、3回目でノートに書き出して。

その間にくる様々な脳を使うテクニックホルモンを高める方法やQ&Aも必要だと思うものは書き出し、日常に組み込んでいった。

 

 

送られてくる情報が半端なく質が高い上に膨大であり。しかし実践に落とし込めるようにステップを設けている。

すでに1000人以上受講して、有志によるそのコミュニティもある。(参加したい人が参加する感じですね。僕も参加してます笑) 

 

 

 このLowsowという人物はいったいなんなんだ?

ということで30万円かけて沖縄までセミナーを受けにいって直接あったりもしてきた。 

 この人は30歳という若さで世界を家族で旅しながら好きなことをして暮らしている。一言で言えば、「センスが良く、バランスのいい人生を実現する実業家」である。

 

 

今ではこのLowsowさんに色々教えてもらいながらライフスタイルを向上する仕組みを作っている。

正直、この人の発信していることは最先端だと思うし、今後10年20年で広まる考え方やまだ常識にならないことを実践している人だ。

まだまだ背中は見えないがいつか追いつき追い越すつもりだ。そのためにオナ禁のエネルギーは無駄にしないで人生の未来を切り開く糧にしている。

f:id:MrOne:20190123195639j:image

www.infotop.jp