オナ禁コメンテーター〜悪魔の代弁者〜

オナ禁についてコメントをつけていきます。オナ禁批評家

モテホルモンであるテストステロンを上げる具体的なアプローチ方法!前編

f:id:MrOne:20190129111111p:plain

 

前回はオナ禁のコツはテストステロンにあるというお話をしました。

今回は実際にテストステロンがを高める方法をシェアしていきます!

 

 

 

テストステロンは睾丸で95%、副腎で5%つくられると言われています。

男性を男性らしくするホルモンなので、巷ではモテホルモン、成功ホルモン、マッチョホルモンとか言われていて

 

効果は

 

筋肉増大、判断力アップ、意欲や集中力アップ、チャレンジ精神旺盛になる、人間関係に積極的になる、元気に活動的になる、あそこが元気になる、眠りの質の改善、体の痛みを感じにくくする、精神的にも痛みを感じないタフになる、鬱にならないetc...

 

 

テストステロンを分泌させるだけでかなり人生楽しくなります!

 

 

自分のテストステロンがどれだけ分泌されているかの見分け方は薬指に長さでわかります。人差し指と見比べて見て、薬指が長いとちゃんとテストステロンが分泌されています。これはテストステロンに反応して長さが変わってくるので僕も昔より薬指が長くなりました。ちなみに長い人だと1cmくらい長くなります。

 

f:id:MrOne:20181227233949p:plain

ねーねー。僕もその知識で犯人を見抜いたことあったよ〜。

 

 

睾丸さんのおかげでテストステロンは男性に多く分泌されます。思春期になると男性が男性らしい骨格と筋肉を形成するために、指令が体に送られてどんどん分泌されていきます。

筋肉がつき、ヒゲや色々なところに毛が生えて大人の体になっていきます。

 

 

テストステロンは大概の人は普通に暮らしていれば普通に出ます。遺伝子によっても分泌量が違うようですが、後天的にも増やすことが可能です。

 

 

ではどうすれば数値が高くなるのでしょうか?

 

 

1、オナ禁

これは基本です。テストステロン溢れる最高の男になりたいのであればオナ禁は必須です。

特にオナ禁効果について知ってしまった人は、逆に意識の力をマイナスに発揮しないために、もうオナニーはしてはいけません。

これもいつか記事にしたいですが罪悪感を感じるとテストステロンはガンっ下がりします。罪悪感を感じるくらいなら割り切って気持ちよくなるぞ!って本気で楽しんでオナニーしてください。おしゃれに楽しくやってください。でもホントはやらないのが一番いいのでやらないでくださいね。

 

 

実はオナ禁はテストステロンを上げるというより、テストステロンを正常値に戻すと言った方が正しいかもしれません。オナニーをすることによって、テストステロンは悪い物質とくっつきジヒドロテストロンに変わり、最高にいいやつだったテストステロンをうんこにします。

 

 

こいつが今の日本男児をナヨナヨのヒョロヒョロのしょぼしょぼにしているのです。

日本の侍はどこにいったのやら。

て感じです、

 

 

オナニーはやめてください。自然界に反した行為があなた自身をを滅ぼします。射精の欲は本当にすきな彼女をつくって愛のあるセックスで昇華してください。

 

 

ちなみに好きな人とのセックスはテストステロンを下げるどころか上げるという報告もあるのでセックスはオーケーです。(ソープとか愛を感じない女性としても意味はないです。ホルモンの分泌は脳と関わっているので無意識下で分泌量が決まるのです。)

 

 

なのでオナ禁している方が一生射精しちゃいけないのか?とか考えてしまうのですが、それはただの苦行でしかないですし、それこそ今まで子々孫々、脈々と受け継がれてきたあなたの優秀な遺伝子を遺すためにセックスでの射精はむしろ自然界に沿っていますし、脳がすごい快楽を感じてよりフェロモンが出ますし高次のオナ禁効果を得れるのでやってください。

 

 

とりあえずオナ禁は必須で、愛のあるセックスはオーケーです!

 

 

人間、というより生物には「本来の役割を果たすと能力が伸びる」というルールがあります。筋力も使うことで能力が伸び、才能も使うことで能力が上がる。生物には回復と学びのサイクルを持つおかげで正しく使えばよりエネルギーをまして自分に返ってくるという決まりがあります。

 

 

2、ストレスフリー

まずオナ禁の効果を、恩恵をフルに享受したいならストレスは必ず避けてください!

いいホルモンを出すためにはストレスからは絶対に逃げてください。

嫌な人がいる場合はすぐにその人と離れてください。視界に入れないでください!日頃、嫌だと感じてることはしないで、離れてください!

 

 

なんでかっていうとストレスを感じると、脳がまずそこにしか働かないからです。

モテホルモンを出せとか、ならないんですね。

 

 

これも生物の進化の過程と人間の体の機能を考えるとわかるのですが、ストレスってもともと自分の生命の危機があるときに感じるものなんですね。僕たちが猿だった時代って人間関係とか、したくもないお勉強をしなくちゃいけないとか、SNSで羨ましい自慢話を見たりすることでストレスってたまらなかったんですよね。

どちらかというと、食べるものがなくて餓死する危険とか、猛獣に襲われる危険とかにストレスを感じてました。

 

 

想像して欲しいのですが、もしいきなり森の中で猛獣に出会ったりしたときに、小難しい計算とかしてたらどうなりますか?襲われて食べられてしましますよね。

だから人間の脳というか、生物みんながもってる原始的な本能をつかさどる脳の部分には嫌なものと出くわしたらすぐに逃げろ!という警報が鳴るようにインプットされてます。生まれた時から。

 

 

で、人間が猛獣に襲われなくなった時代って何10万年も生きてきた時代の中でここ数千年の話で、代わりに嫌な人間が目の前に現れるというストレスが増えてきました。

 

 

そうなると太鼓の時代に培ってきたストレススイッチが嫌な人間に会ったときにも働きます。

その瞬間にあなたの脳はここから今すぐ逃げ出せ!という警報が鳴ります。

そうなったら、もうそこから逃げ出すことにしか頭が回らなくなるんですね。本当に。これは今

いま目の前の危機から生命を守る働きなので、何よりも強力に僕たちに訴えかけてきます。

 

 

ためしに少し難しい計算を一人でリラックスできるときにしてみて、その後にすっごい嫌な上司とか、いじめてくる人間とか、嫌いな人の近くでやってみてください。まったくスピードが違うかそのことに集中できません。

 

 

余談ですが、すぐ怒鳴りつける人って自分のことを頭いいと思っている人が多いと思いませんか?それってその人が見えている世界では実際にみんな頭悪くなっているんですね。

 

 

なんでかっていうと、怒鳴りつけたりネチネチしてる人って周りにストレス与えていて、周りの人もその人がくると焦るんですよ、「うわ、また怒られるわー」って。

そうすると、その人が近くにいるだけでストレスで頭の中で警報が鳴り続けているわけだから、頭が回らなくてヘマをする。で、その怒りっぽい人はそれをみて、「この世の中(自分から見てる現実)はバカばっかりだ、こんなことでミスするなんて。それに比べて俺はなんでも当たり前にできる、エヘン!」ってなってどんどん歪んでいくんです。

 

 

話がそれましたがストレスがでてると、いいホルモンを出すのを邪魔してきます。脳がそっちに力を発揮するまえに「逃げろ!」という指令をそっちのホルモンを出すので。

 

その状態になると脳の機能が完全にそっちに使われるので、「モテホルモンを出してメスとイチャコラしようぜ!イエイ!」ってホルモンを出すわけがないんですね、

あなたから常日頃ちゃんと出るはずのモテホルモンであるテストステロンが出なくなります。

なので嫌なストレスからは逃げてください!嫌な人には絶対に近寄らないでください!

 

 

3、日光をあびる

これはやってみると強力です。日光を浴びることで人は本来の体の機能を呼び起こします。

考えてみると、僕たちの祖先はみんな裸だったわけで、日光に日頃からあたっていたんですね。

日光を浴びると体はビタミンD(ステロイド系のホルモン)というテストステロンを増やすホルモンをつくりだします。よくステロイドというと皮膚の炎症を抑える薬とか、強いものを使うと危ないとかイメージがありますが、日光によって体内でつくられるものなので問題ないので安心してください。

金玉さんにもぜひ当ててみてください!

 

日光を浴びるとストレスも減ります。日光の当たらない生活をすると心が死にます、マジで。

具体的にいうと、日光を浴びることで幸せを感じるセロトニンというホルモンが出るのですが、このこもテストステロン並みに素晴らしいホルモンなので興味があったら調べてみてください。

実際に晴れの多い地域と曇りの多い地域ではうつ病患者や年間の自殺者数が違うという統計まであって、日光を浴びるというのは非常に大切です。

 

 

4、運動をする

テストステロンは筋肉を発達させる作用がありますが、運動をするとその負荷に耐えれる筋肉を形成しようとするので、もっと筋肉をつけるためにテストステロンをガンガン出してくれと脳に指令がいきます。それで睾丸さんや副腎さんからよりじゃぶじゃぶテストステロンがでます!

 

運動自体もストレスを下げてくれます。ストレスを感じると出るコルチゾールを消してくれるので、めっちゃいい人にしてくれます。心も体も元気になって、元気だから周りも応援してくれる魅力的な人になる。

 

 

実際にスポーツマンにはけっこう元気で性格いい人が多いです。中学とか高校生とかの思春期だとそのエネルギーが凶暴性というか変な方向に向かいやすいですし、自分をコントロールしにくいのであんまり実感ないかもしれませんが、だいたい成人してる人であればスポーツマンは性格いい人が多いです。

汗もいっぱいかいて、老廃物が出されるので健康にもさらにいいです。

 

 

心臓も強くしてくれて血の循環もよくします。血が全体に回るとあなたがとった栄養が体の隅々に届けられて、さらに循環が良くなるし、エネルギーに溢れます。運動って最強です!

 

 

僕は運動の主旨は、この血の循環にあると考えていて、血の巡りが良くなれば、脳にも栄養が届くし酸素も行きますので頭が良くなります。実際、運動させたグループとさせなかったグループとでは記憶力が有意に上がったという結果もあります。

 

 

血の循環が良くなれば腸の運動も活発になってウンコもたくさん出て、かなりデトックスされて体の毒素も抜けるので、本当に男は黙って筋トレとオナ禁!ですね!それに食事を少なくする(未成年の方は食べた方が体づくりの時期なのでいいですよ)だけでモテます、必ず!

 

 

 

運動するとフェロモンが汗で、外にでてくから女性を引きつけます。

けっこう女性って汗臭い男キライっていうけど、それってジヒドロテストロンMAXのストレスまみれのおっさんにの匂いがキライってだけで、元気なスポーツマンの光る汗だったら女性も好きですからね。テストステロン溢れてる男の汗はフェロモン感じて好きなんですよ。

女子会とかで男子の汗でペタってなってる前髪が好きとか、いい匂いのする男子が好きってそういう話になるんですね。

 

 

長くなったので後半は別に分けます。後半へ続く。