オナ禁?なにそれおいしいの?

オナ禁?何それおいしいの?ー知らないのか?塩かけて食うとうまいんだぜ!

オナ禁と偉人 ガンジー編#12

 

インド独立の父マハトマ・ガンジーオナ禁してたというか性のエネルギーを意識的に使っていた人物です。

彼は何をして性エネルギーを高めていたかというと

 

寝るときは女性を両隣にそい寝させて寝てた!です。

 

最初聞いた時、勝手に仙人みたいなイメージ持ってたし、どう見ても性欲ゴリゴリのマッチョにも見えなかったので信じられなかったんですけど、ホントみたいです。エッチはせずに。

てか隣にいたら触るわ!とくに美女なんて添い寝さしてたらもう、テンション上がりまくってぜったい弄りt(以下省略

 

彼は非暴力、不服従を貫いた政治的指導者ですが、彼も偉大なことを成し遂げる上で性エネルギーを活用していました。

美女に触れることでホルモンを高めて、性エネルギーを高めていたんですね。

やっぱ女がいると、男生物的に落ち着くとういうかホルモンもあげながら安定して、良いエネルギーを構築するので、やっぱオナ禁だけだと暴走気味というか、ちゃんと循環されてればいいですけど、循環しなければ抑えきれないことになるので女性は身近にいた方がいいですよね。

それに個人的には女性を添い寝させてたのでモテるセルフイメージがつくし、自身もつきますよね。民衆を率いるのに役立ったと思います。

 

ガンジーは非暴力不服従だったけど、芯の強い男でいるために女性のエネルギーを自分に掛け合わせるということをしていました!僕たちもうまく人生の中に女性のエネルギーを掛け合わしていきましょう!

オナ禁と偉人 モハメド・アリ編#11

世界にはいろんな競技やスポーツがありますが、格闘技ほど原始的でその個体の生き残るパフォーマンスを表すスポーツはないでしょう。ボクシング界の伝説の男モハメド・アリ。彼も禁欲について名言を残しています。

 

「試合前の性行為は闘争心をスポイルしてしまう。」

 

けっこうこのモハメド・アリは生き方がカッケーんですね。

やっぱ闘う筋肉を持った男って最高ですよ。

 

あそこまでの肉体を手に入れるためには相当なトレーニングや、自己管理が必要です。そういう男は男からしてもカッコいいと思ってしまいます。

モハメド・アリ大義のないベトナム戦争の徴兵を拒否したり、黒人差別と戦ってきたり、人間としても魅力的です。

 

彼はビッグマウス(大口叩き)と言われてましたが、実現する力を持っていましたし、

何よりあのビッグマウスっぷりは、もともと観客を沸かせるためにわざとしていたものなので、

彼は格闘家であると同時に観客を沸かせるパフォーマーだという意識を持ったんですね。きっと目立ちたがりという気質があったのかもしれませんが、そこも含めスターになれる才能があったということだと思います。

 

彼は大事な試合の前に1年禁欲したと言われてますが、そこは彼一流のビッグマウスを斟酌すると、さすがに1年はないのかなと思います。

ホントのところは6週間とも言われていて、食事制限とトレーニングしてれば6週間でも全然効果は高まるのでコンディションはいい状態に持ってけると思います。

闘争心と性に関してかれなりに美学があったのは確かなようです。

オナ禁と偉人 ナポレオン・ヒル後編#10

ナポレオン・ヒルと悪魔の対話の続きです。

途中で※注釈が入ります

 

ナポ:性に溺れると、どんな悪影響があるのでしょう?

 

悪魔:最悪なのは、それが人間の持つ最大の活力を使い果たし、創造力を無駄に浪費するにもかかわらず、その代償として何も生み出さないことだ。

また大自然が人間の体を健康に保つのに使うエネルギーも消失してしまう。性は大自然が持つ最も強力な癒しの力なのだ。

魅力的で好ましい個性を作り出す、磁石のようなエネルギーも失わせる。

人間の目から輝きを奪い声には不快な響きを持たせる。

そして情熱も野望の火も吹き消して、あらゆることに「流される」人間を作り出す。

 

精子を生み出すために、かなりの食べ物から栄養素をつかって、この世の循環を受けて新たな生命を生み出す力、エネルギーをオナニーで無駄に放出するわけですから、放出した本体にもダメージはありますよね。本当は愛のあるセックスをすれば、パートナーも気持ちいいし、自分も最高に気持ちいいし、新たな生命を生み出していく行為なわけだから創造もされて素晴らしい行為なわけですけど、オナニーをしてしまうと、代償として何も得られません。

また、オナニーでエネルギーを放出すると、オスとして生命を維持する力も弱まります。それと自己認識の世界でも「俺はパートナーもいないで寂しく性欲を満足させるためにあそこを慰めたんだ…」となるので、自分らしくいることに自信を持てなくなります。そんなんじゃ、魅力的で好ましい個性はつくることってできないですよね。逆にオナ禁してると気力が充満して、基本的に周りのオスに負けないし、自分らしくいようとする能力が高まります。

 

ナポ:では見方を変えてもし性への衝動をきちんとコントロールし適切に転換できたとしたらどんな効果が得られるのか教えてください。

 

悪魔:コントロールされた性衝動は、人間に互いを惹きつける磁石のようなエネルギーをもたらす。このエネルギーは人間が好ましい性格を持つためにはなくてはならないものだ。

また声の響きが素晴らしくなり、その声によってどんな感情も豊かに伝えられるようになる。

そして人間が自分の欲求を実現する原動力をもたらす。これは他にはない特長だ。

・身体機能維持するのに必要なエネルギーを神経系に供給する。

・想像力を刺激し有益なアイデアを生む。

・心身の動きが素早く、かつ明確になる。

・人生の目標に対し、根気と粘り強さが生まれる。

・あらゆる恐怖に対する解毒剤となる。

・落胆に対する免疫ができる。

・怠惰と先延ばしに対処できるようになる。

・どんな反対が敗北にも負けない強い体と精神力が与えられる。

・どんな状況でも自分を守れるだけの闘う力が持てるようになる。

一言で言えば、性衝動をコントロールできたものは勝者、できないものは敗者となるのだ!

(中略)

 

※上に述べられてる性衝動をコントロールした場合のメリットがすごすぎますね!

これを読んだとき、やったるか!ってなったのを思い出しました。

だいたいこれはホルモンの関係で説明できますが、テストステロンが発見されたのが1931年、その功績でノーベル賞授与されたのが1939年、この本が書かれていたのが1938年ですから、ちょうどホルモンについて話題になっていた時代ですね。テストステロンの効果が分かっていたかはわからないですが、ここまで言い表せていたナポさんはすごいです。

声の響きも素晴らしくなるとありますが、僕の感覚だとだいたい2週間で、声の通りが良くなります。カラオケいくと声が枯れにくいことに気づきますし、高音がクリアに出ます。

(中にはこのことをヨガのチャクラで説明する人もいます)

人間には音に関してそれぞれ心地いい周波数ってあるんですけど、ええ声ってのはそれだけで意見を聞き入れやすくなります。逆に妙に腹たつ声とか喋り方ってありますよね。女性とかでも、ヒステリックで攻撃的なテストステロン高めの女性って男からしたら声すら嫌な場合が多いんです。

動物でも求愛するときも鳴き声とか使いますよね。セクシャルアピールには声は必須ですね。

 

 

ナポ:性衝動は罪ではなく立派な意義のあるものだと言う事ですね?

 

悪魔:きちんとコントロールされ、望ましい目的のために使われるのであれば、意義のあるものとなる。コントロールもされず、ただ欲望のままに使われるのであれば、それは罪となる。

 

※悪魔さんも意義のあることなら性衝動をつかってオーケイとのことです。気持ちいいセックスするとパワーあふれるし、女性もすごいストレス発散できて平和なんですよね。それって意義のあることだと思います。セックス依存症みたいなことにならなければ良いってことですね。

 

この本が1938年に書かれていたことに敬意を払います。むしろ昔の人の方が冷静に体の反応を見れる時間や余裕があったのかもしれませんね。

偉人にならってオナ禁してきましょう!

オナ禁と偉人 ナポレオン・ヒル前編#9

オナ禁と偉人シリーズ第2弾

 

「思考は現実化する」で有名な、自己啓発書の草分けであり、世界的ベストセラーの著者であるナポレオン・ヒルも性欲について述べています。

ただ、「思考は現実化する」よりもオススメなのが

 

「悪魔を出し抜け!」

 

の方です。

 

これは内容にあまりに過激な論をブチ込んでるので親族によって70年間、一般公開はされなかった本ですが、最近になって日本語版も発売されました。

教育や宗教に関する批判を書きたてているので、親族が封印してた書です。

しかし、かなり、の名作です。

 

ナポレオン・ヒルは本書で一貫して「流される習慣」を断つということに重きを置いています。

 

その中で、人生から肉体的、精神的、霊的自由を獲得するためには、

常に明確な目標を持って行動する必要があり、そのためには自制心を持つことが重要であると述べています。

 

以下、本書から悪魔とナポレオン・ヒルの対話を抜粋してみましょう。以下ナポレオン・ヒル=ナポ

 

悪魔:自制心を失う原因は主に3つある。その3つの欲求をコントロールすることだ。その欲求とは(1)食欲(2)性欲(3)中途半端な意見を述べること。

(中略)

ナポ:でもこの3つの欲求は自然なものではないですか。健康で幸福な人間なら感じて当然です。

悪魔:確かに自然な欲求ではある。だが同時に危険なものでもある。なぜなら、自分をコントロールできない人間は、この欲求を過度に満たそうとするからだ。

本当に自制したいならば、自分の欲求をしっかりとコントロールし、必要なものだけを与え、不要なものは与えないことが肝要だ。

(中略)

では性欲の話をしよう。強きも弱きも、お芋若きも、賢い者もそうでないものも、それさえ使えばどんな人間でも支配できる。それが性欲だ。実際、性衝動をコントロールできない人間はみな私のものだ!

ナポ:性衝動コントロールするにはどうすれば良いのですか?

悪魔:単純なことだ。性の衝動を性行為以外の活動に転換すればいいだけだ。性衝動は人間を刺激する力の中でも最も強力なものだ。だからこそ、同時に最も危険な力ともなる。性への衝動をコントロールし、それを仕事への活力に転換することができれば、たとえば、異性ばかり追いかけていないで、その時間の半分でも仕事に費やせば、貧乏になるなりようがない。

(中略)

ナポ:性とリーダーシップの間にも関係はありますか?

悪魔:ある。偉大なリーダーと言うものは、それぞれ活躍の場こそ違えど、一様に性欲が強い。しかし、彼らはその性欲をきちんとコントロールし、常に仕事への活力に転換しているのだ。

(中略)

私が言っているのは、性に対する衝動は、人間が持つ他の力と同様に、理解し、コントロールし、自分の役に立てるべきものだということだ。性欲は食欲と同じくらい人間にとって自然な欲求だ。性欲を止めることなど、川の水を完全に止めるのと同じくらい不可能なことだ。もし性への衝動を不自然に押さえ込んでしまったら、無理矢理せき止められた川がダムを壊して溢れ出すように、他のもっと悪い形で噴き出すことになるだろう。自制心を持った人間は、性への衝動を理解し、敬い、その欲求をコントロールし、そして別のより建設的な活動に転換することを学ぶのだ。

長くなったので以下、次回へと続く

 

 

この本は悪魔との対話形式になっていて(これだけでも当時の人からしたら、ぶっ飛んでて気が狂ったと思うでしょうね)

悪魔がけっこうチョロく、ナポレオンに色々教えているところが可愛いです笑

 

最初偉そうだった悪魔がナポレオンに自分の手の内を明かしまくってて突っ込みどころ満載なんですけど、それのおかげでリズミカルに読み進めて行くことができます。

 

性衝動を別の建設的な活動に転換、とありますが、これは何かに夢中になっていればオーケーです。

とりあえず建設的とかあんまり固いこと考えずに、趣味を楽しむイメージで十分だと思います。

性行為以外とありましたが、これは適度な性行為なら問題と思います。おナニーは虚しいですが、バランスよく、人生でセックスも楽しまないと、オスとして生まれてきて楽しくないですもんね!その方が幸せになります!

オナ禁と偉人 勝海舟編#8

今回はオナ禁によって歴史に名を残すような偉大な人物について書きます。

 

その頃にオナ禁の概念があったかは謎なのでオナ禁によって、という表現は正しいかわからないですが、性欲のエネルギーについて述べてる偉人の言葉を紹介していきます。

 

もちろん、性欲というのはオスにとって、もっとも強い欲求と言って良いもので、それを良い方向に昇華させ、成功することができると昔の人も気づいていたんですね。

もしくは成功というより自然の摂理から外れた行為であるオナニーをしないことが力をみなぎらせるコツだということを体感的にちゃんと知っていたと思います。

 

オナニー中毒はまさに現代病というか、ワンクリックでエロ動画にアクセスできる昨今の時代は、人類史上もっとも簡単にアクセスしやすい異常な時代であるとも言えます。スマホの登場で私たちは人類史上初の左手でオナニーする人間だと誰かが言ってましたね。

 

昔の人もオナニーはしましたが、積極的なオナニーという、受動的なオナニーをしてない時代です。

現代は性産業界にオナニーするように仕向けられてるし、国もそのほうが国民のエネルギーが低くて安泰だという陰謀説もあるくらいです。

 

性のパワーは昔からすごいものだと言われていて、偉人もそのことについて触れているんですね。

 

幕末の雄、勝海舟の言葉にも性欲と成功について述べているものがあります。

 

 

「若い頃は色欲というものをおさえるのが肝要だ。めらめらと燃える色情を英雄になりたいという心の紙に燃えうつす。そうやって我慢するんだ。」

海舟座談より出典

 

 

勝海舟は言わずと知れた幕末期の大物。西郷との江戸の無血開城の交渉が有名ですね。

司馬遼太郎によって稀代の政治家、坂本龍馬の師匠というイメージが強く日本人の中に浸透しています。最近になって司馬史観の見直しが始まり、評価が分かれていますが、それでも幕末期において、卓越した先見の明、歴史的な観点から日本をみる政治家としての能力、大物にたいする反骨心など、英雄というに論を待たない人物ですね。

 

その海舟が若いころは色欲を抑えるのに苦労したと言っていて、かつ抑えることが英雄になる秘訣だと言っているのだから、僕たちもこの言葉を励みにオナ禁をしていきましょう!

ジヒドロテストロンを抑制する方法!#7

今回は前回の続き、ジヒドロテストロンを抑制する方法です!

テストステロンの高さを見るには薬指の長さに注目するといいと言いましたが、逆にジヒドロテストロンが出てるのを見るには自分のヒゲの伸びるスピードを見るといいです。

けっこうヒゲの伸びは変わるので面白いですよ。ヒゲの濃さは遺伝によって違うので、(二重だったり、まつ毛が長かったりすると遺伝的には毛が濃い方です。)人と比べず、自分の中で比べてみるといいと思います!

 

 では、ジヒドロテストステロンを抑制する方法いってみましょう!

 

1、オナ禁

これはもはや言わずもがなですね。オナ禁大事!

 

2、砂糖禁 

砂糖や精製された糖はやめましょう!

インスリンの分泌でテストステロンが減少する上に、ジヒドロテストステロンを増やします。

もっと言えば解糖系をやめると言った方がいいかもしれません。

 

グルコースがフルクトースに変わるときに起こる反応が、NADPHというものを生成して、体の中で5αリダクターゼを増やします。で、テストステロンをジヒドロテストステロンにしちゃうんですね。体も疲れやすくなります。

 

あと感情も変わります。砂糖を取らないようにすると、ネガティブにならないです。感情も変わるし、精子が元気になるので女の人も直感でいい男と判断してくれます。

 

もうね、男から見ても生理的に無理だろこの男、っていうのは大概、食べ物悪すぎなんですよね。

悪い人ではないけどなんかコミュニケーション下手だったり、変な人って、一緒にご飯食べると炭水化物と揚げ物オンリーとか。菓子パンとコーラがぶ飲みみたいな食事が常で、それって体も自分のこと愛してるって認識にならないし、けっこう感情も不安定になるんですよ。

太ってる人ってよくキレたりしてませんか?

人をよく見てるとそういうことに気づいたりします。

 

 

マジで砂糖をやめるとオナ禁効果をもっと高めてくれますよ!テストステロンの濃度が増すので砂糖禁しながらするオナ禁は効果を感じるまでの体感速度を爆速で速めてくれます。

 

3、ストレスフリー

ジヒドロテストステロンはストレスでも増えます。

ストレスってホルモンの関係もあるんですが、人間のエネルギーそのものを奪っていきます。脳の働きも鈍くするし、体も弱くなるんですね。

 

現代社会はあまりにストレスが多くて、ブラック企業で働いている人なんかはストレスが多い上に自分の時間を取れずに心身のバランスを崩しているんですけど、多くの人は我慢している状況です。

 

僕は夏に北海道を1ヶ月かけて旅してから東京に戻ってきたんですけど、特に人間について思ったことは、都会に来ればみんな何かの目を気にしていたり、誰かの判断基準を必ず気にしているんですね。怯えているし、おおらかさが失われていて、ストレスにまみれな人が多いです。

北海道の田舎の人って若い子もそうですが、おじいちゃんでも、エネルギーあふれてて、いい人が多い。見知らぬ僕が話しかけても仲良くしてくれる人が多いです。

 

80歳でも元気に動くし、腕が太いし、いい塩梅に日焼けしてるし、

今年は地震がありましたが停電も続いていましたが次の日には漁に出かけて行ってましたからね。

 あっちの人って食べ物も新鮮なもの食べてるしエネルギーに溢れてますね。

東京農業大学のオホーツク校の野球推薦の選手はマジでボディビルダーだったし、僕が大学生時代にあってた運動部の人とはまた違った次元で元気でいいやつばっかりでした。(プロテインとかアサルトの話で盛り上がりました笑)

 

 

それに比べて東京に帰ってくると、みんなストレスまみれの顔!

電話で怒鳴ってるおっさん、電車で疲れて死んだように眠る人、ケータイぴこぴこ女子大生、みんな知らないうちに何かによって人生を操られて、煽られて、周りと不必要に比べて不幸になっている人が多い気がしてなりません。この世は意識しないとどんどん不幸になってくし、エネルギーを奪われていくし、人に頼ることもいけませんと洗脳する国家の中で、意識していないとどんどん悪い方向に流されていきます。

 

だいぶ話が逸れましたが、

ストレスはジヒドロテストステロンを増やしますが、それ以外にも人生そのものに害悪があります。とにかくエネルギー下げてくるものが多すぎるので気をつけてください!

できるだけ嫌なものを避ける!

 

都会には見た目をキレイに見せるのが上手い人が増えたけど、本質的なエネルギーの高さがない気がしてなりません。

オナ禁を通してエネルギー溢れる漢になってください!

 

4、ハーブ

ハーブはノコギリヤシがオススメですね!ハゲ予防でも使われるんですけど、マジでヒゲの伸びも遅くなりますし、もしオナニーしちゃってもこれをガンガンとってれば、ダメージをかなり抑えられます!

 

 

 

闇に落ちたテストステロン!#6

みなさんこんにちは!

 

前回までテストステロンについて説明してみましたが、

 

今回はですね、逆に光り輝くテストステロンが闇に落ちた物質、ジヒドロテストステロンについてお話しします。

なんでも全体像の把握をしておくと、変な方向に走らないというか、間違えないで冷静に判断ができます。

体にいいことばっかやり続けても、よくなってるかわからなかったり、毒を始め食べてみて、やっぱ毒はダメだと気づく。

カフェでスタバだけいってもスタバの良さに気づかない。ドトールベローチェマックスコーヒーも個人店もいく。

地元だけにいないで旅をすると、世界が広がるし、あらためて住んできた街や人がわかる。

女ともギャルでも清楚系もサブカルもお嬢もなんでもデートしてみると、自分にはどんな女が最高なのかが、あっているかがわかる。

そういう深みのある男になるためにも色々経験するし、知ったほうがいい。

オナニーの害とオナ禁の力を実感するためには、一度オナニーを死ぬほどやってみるのもいいかもしれないです。でも絶対にオナ禁はしてくださいね、最終的には。

 

 

 

闇に落ちたテストステロン…!

僕たちには昔からそなわっている、メスを引きつけるフェロモンを出すホルモン、テストステロンが備わっている。

これは男性エネルギーなので、陽の力、いわば光の戦士なんですね。(センス乙)

古代の思想にはこの世には陰と陽のバランスがあるという思想があるんですけど、エネルギー的に言えば男は陽です。もしくは火のエレメンタルとも言います。

(あんまりスピリチュアルによると不幸になる人が多いので、本当にこの人みたいになりたいなって人の言うことだけ聞いておけばいいと思います。なんでもあなたの感性というか感じ取ったことを判断基準にするといいと思います。自分の中に響いたことを大切にしてください。)

女は陰のエネルギーを持っていて、このエネルギーを互いに掛け合わせるのが最高なんですが、それはまた別の機会に書ければいいかなと思います。

 

陽気な男ってテストステロン高いんですよね。陽気な女性も、ハキハキしてるタイプの女性って運動部とかに多いんですけど、女性も筋トレするとテストステロン上がりますからね、そういう関係なんです。太陽光を浴びてもテストステロンは上がりますし。

 

男にも逆に陰のエネルギーも必要で、悪いとか優れてないって話じゃないです。この世はバランスをとろうとするとうまくいくので、逆に僕なんかは生まれつき陽の気質を多く持っていたので、セロトニンが出る瞑想とか陰の力を高めた方がうまくいくことが多いです。人間関係とか、陽のエネルギーが強すぎても女らしい女子からしたら怖いって思われてしまうので。穏やかさが身につきます。

 

で、ここではジヒドロテストロンについて!

これは光の戦士が闇に落ちたタイプ、陰でも陽でもない、まぁ悪いヤツです。

個人的には光と闇のバランスを失ったやつだと思ってます。自然界にもともといなかったやつみたいな。

 

こいつが増えると最悪です。あなたの中の光り輝く才能、元気、チャーミングさ、愛され力、男らしさ、やる気、勃起力!全部奪って行きやがります!

 

ジヒドロテストステロンはどこから来るかというと、光り輝くテストステロンに5αリダクターゼっていう悪いやつがくっついてジヒドロテストステロンになります。

 

 

その効果は、

ヒゲを濃くする

体毛を濃くする

ニキビを増やす

顔をぬるぬるの油まみれにする

やる気がなくなる

鬱になる

はげる

ちんこが勃たない

こころも体も元気がなくなる

臆病になる

諦めやすくなる

暗くなる

落ち込む

イライラする

 etc.

 

こんな感じですね。

ストレスとか、オナニーで増えます。

 

思春期とかって精神が不安定になるんですけど、それってホルモンのバランスがまだ安定しないことが理由です。

ちょうどホルモンが分泌されるとヒゲとか、陰毛とか生えてきますよね。あの時期は誰でも不安定になるもんなんですね。

 

次回はジヒドロテストステロンの抑制方法について話してきます!

 

次回「ジヒドロテストロンを抑制する方法!」